本文へスキップ

長野県全域 投資用不動産 事業不動産 任意売却

電話でのお問い合わせは026-217-5153

長野県全域 任意売却安心サポート
園原会計事務所不動産部
経営革新支援認定機関

〒380-0802 長野県長野市上松5-9-1

投資不動産もローンの返済ができず、競売の申し立てをされるケースもあるreal estate


投資不動産はテナントが出て行く等して家賃が入らず、赤字になるケースが多くて、赤字になると投資の時借りたローンの返済ができなくなり、競売を申し立てられるケースが非常に多くなってきています。
競売になると価格が低くなってしまうので、残債務の全てを払いきれず、残りのローンについては、自宅なども処分しなければならなくなるかもしれません。


任意売却であれば、競売と違って高くうれる可能性があり、残債務についても、無理なく返済できるように金融機関と交渉をすることもできます。だから、任意売却がお勧めです。

ところで、投資用マンションの場合は、債権者は銀行ではなくて、信販系等のノンバンク系がおおいです。
ノンバンク系の場合、任意売却した後の残債務の取立てについては、銀行とは異なり、銀行よりもきつく給料等を差し押さえしてくるケースもあります。
また、競売手続きに入ってしまいますと、競売を取り下げてくれない事もけっこうあります。
投資不動産のローンは住宅ローンとは違って事業ローンですので、住宅ローンの場合よりも、ローンの返済の滞納については大変厳しいものであります。投資用物件を任意売却する場合は、その時期はなるべく早い時期に任意売却により売却する事が大切です。

 投資不動産

テナントが出て行って、その後テナントが入らない

事業ローンの返済の遅滞

競売

残債務が残る↓給料や自宅の差し押さえ

投資用不動産は、競売になる前のなるべく早い内に任意売却をして処分するのがベストです。