本文へスキップ

長野県全域 投資用不動産 事業不動産 任意売却

電話でのお問い合わせは026-217-5153

長野県全域 任意売却安心サポート
園原会計事務所不動産部
経営革新支援認定機関

〒380-0802 長野県長野市上松5-9-1

賃貸アパートをお持ちの方は、任意売却で賃貸アパートを処分して身軽になりましょうreal estate



長野県の共同住宅の空き室率35.0%


全国1位の空き室率を誇るのは福井県の共同住宅の空き室率は40.3%であり、長野県は全国2位の空き室率です。
 長野県の共同住宅の空き室率35.0%であり
3室あれば1室はあいている状況で、人口が減少している現在、将来的に空き室率は回復の見込みがないので、もはや、任意売却するしか道がないのです
 アパート建設後築年数が経ったアパートで、建設ローンが残っているアパートはなるべく早い内に任意売却で処分しましょう。お手伝い致します。当社には賃貸アパートの任意売却についてノウハウがあります。
 賃貸アパートを任意売却して借入金を返済しても、借入金が残るケースもあります、しかし、当社には残債務をしょりするノウハウがあります。
人口の減少と空室率の増加の中、アパート建設による多額の借財を残り、さらに、固定資産税と多額の修繕費がかかるアパートというお荷物の苦の種を残して置いたのでは、末代まで子孫に苦しみを残し、末代まで汚点と苦しみを残すことになり、家系の存続にまで悪影響を残します。
賃貸アパートの任意売却
   ↓
残債務の処理
   ↓
重荷からの開放・心の安らぎ・人生の再スタート

賃貸アパート建設の失敗の理由


@ 大手の建設会社に進められて、常に多数の賃貸アパートや賃貸マンションが建設されて来て、賃貸アパートや賃貸マンションの数が多くなりすぎてしまい、供給過剰となり現在飽和状態です。

A 年数が立てば経つほど建物の修繕費が嵩んでしまい、維持管理費が非常にかかる様になってしまう。

B 毎年のように次から次と新しいアパートが建設される為、築年数が経てば経つほど古くなればなる程、競争力がなくなり、空き室が増えて、家賃を下げなければ入らなくなり、しまいには、家賃を下げても入らなくなってしまう。

C 人口が減少する一方、長野県には、毎年一万人規模で人が入れ替わりするマンモスの四年生の総合大学や、職工さんが何万人規模で増加するような工場がなくて、逆に、富士通や三菱電機のように、撤退する工場が増える状況である点。

D 筑波学園都市のように、地域経済を発展させて地域の産業を興し人口を増加させる大規模な地域計画がない点。

E 出生率が減少し、人口の東京への集中により、人の流出に歯止めをする事が出来ず人口が減少する一方である事。

F 賃貸マンションの場合は、築年数が経てば経つほど建物の修繕費が嵩み、修繕には非常に多額の資金が必要になる為、修繕が不可能となり、かつ、賃貸マンションの場合は賃貸アパートよりも固定資産税が高く築年数が古くなっても固定資産税の額はあまり減額にならない為、空き室が多くなり収入は減少するけれども、修繕費は増加してや固定資産税は減らないというケースが非常に増えてい
る事。

G 大手建設会社のうたい文句として、一括借り上げ・家賃保証という言葉があり、家賃保証・一括借り上げという言葉を信じて、銀行から融資を受けて賃貸アパートの建設をした大家さん達は、現在アパートの建設代金として融資を受けて建てたは良いが返済出来なくなった大家さんも多数いる状況です。

H 大手建設会社の収支シミュレーションは当初は家賃の下落予想を計算に入れなかったため、築年数が経てば経つほど家賃を下げなければ空室がうまらない状況となり、当初の収支シュミレーションと大変違いが発生してしまう点。

I 大手建設会社の家賃保証・一括借り上げのシステムは、家賃の支払は保証するが、家賃の金額は保証しない為、賃貸アパート建設後時の経過とともに、築年数が経過すれば経過するほど家賃を低くしなければ、入居者が入らないという状況になりつつある点。

J 大手建設会社は、家賃保証・一括借り上げシステムの契約更新時に、大規模なリホームや修繕を大家に要求し、大規模なリホームや修繕に大家が応じなければ、家賃保証一括借り上げシステムの契約を解除する為、解除された大家さんは家賃の保証がなくなる為、空室が発生した場合金融機関から融資を受けてアパートの建設を行った場合、借入金の返済が出来なくなってしまうケースが増えています。
(当初の不動産シミュレーションには、家賃保証一括借り上げシステムの更新時の修繕費の負担を計算に入れていないケースが非常に多かったのです。)

アパート建設後築年数が経ったアパートで建設ローンが残っているアパートはなるべく早い内に任意売却で処分しましょう。