本文へスキップ

長野県全域 投資用不動産 事業不動産 任意売却

電話でのお問い合わせは026-217-5153

長野県全域 任意売却安心サポート
園原会計事務所不動産部
経営革新支援認定機関

〒380-0802 長野県長野市上松5-9-1

長野県では、テナントビル経営は成り立たないので、テナントビルのオーナーは出来るだけ早いうちに任意売却でテナントビルを処分しましょう。real estate


長野県では、長野駅前の西口でも、テナントビルの経営が成り立つのは大変難しいです。
理由は
長野駅前西口でも、テナントビルに入っているテナントのお店が、家賃を支払らってまでして成り立つ商売が少ないので、家賃を支払えず滞納するケースもあり、結局開店して数年で店じまいするお店が非常に多く、→よほど、長野駅の西口の人通りの多い一等地でないとテナントビルの経営は成り立ちません。

長野市の西口の再開発ビルのオーナーすら、再開発ビルを売りたがっている状況です。
ましてや、長野駅の西口のように人通りが多い場所以外の、テナントビルは、テナントが開いているビルが多く、経営が成り立つところは少ないです。
テナントビルは、家賃を支払ってまで経営が成り立つ商売が少ない為、任意売却で処分するしか方法はないのです。
長野市の再開発ビルでも、なかなかテナントが入らずテナントが入っても、家賃を支払ってまで経営が成り立つ商売が少ない為、数年で出て行ってしまうケースが多く最終的には行政のお世話になるしか道がない再開発ビルも多いです。
最近、建設したある再開発ビルでも建設費用が高い一方、立地的に良い場所でない為、殆どテナントが出て行ってしまい公的団体と行政機関と僅かなテナントしか残っていない再開発ビルもあります。

何れ行政のお荷物になる再開発ビル、立地的に悪い場所過ぎたり、立地的には良い場所でも家賃が高すぎて、経営が成り立つ商売が少ないのです。
ロードサイドにおいても、コンビニエンスストアー等に土地を貸したり、あるいは、コンビニエンスストアーの本部から建設協力保証金を受け取りコンビニエンスストアーを地主が建設しても、競争店が近くに出店して来たりすると、経営が成り立たなくなり、他に出て行ってしまったり倒産してしまうケースが多く、地主の方はコンビニエンスストアー等が出て行ってしまった後、建物を取り壊す事も出来ず、自分で使う事も出来ずその後大変苦労する状況です。任意売却しか道はないのです。



テナントビル・再開発ビル・ロードサイドの店舗の任意売却
テナントビル・再開発ビル・ロードサイドの店舗

借入金の返済

残債務の処理

お荷物の処分による心の安らぎと人生の再スタート