本文へスキップ

長野県全域 投資用不動産 事業不動産 任意売却

電話でのお問い合わせは026-217-5153

長野県全域 任意売却安心サポート
園原会計事務所不動産部
経営革新支援認定機関

〒380-0802 長野県長野市上松5-9-1

不動産投資ファンドは撤退が早い。それを見習って、任意売却して不動産賃貸業から 完全撤退するのがベストの判断ですreal estate


不動産投資ファンドは撤退が早い→保有期間は五年間だけである。
不動産投資ファンドは、三大首都圏の一等地に賃貸不動産を建設して不動産投資を行います。
しかし、不動産投資ファンドが賃貸不動産を保有している期間は5年位です。
すなわち、不動産投資ファンドは、賃貸不動産を長く保有していると、修繕費がかさみ、空室も発生して、土地も下落して、建物の価値も下落しまうという事を考えて、新築して五年位で建物の資産価値が下がらない内に売却して他への切り替えているのです。


ファンド投資
投資額 20億円
一年目  家賃収入−必要経費=1億5千万円
二年目  家賃収入−必要経費=1億5千万円
三年目  家賃収入−必要経費=1億5千万円
四年目  家賃収入−必要経費=1億5千万円
五年目  家賃収入−必要経費=1億5千万円
六年目 賃貸建物売却      15億円
計 発生収益       22億5千万円


発生収益22億5千万円−投資額20億円=トータル利益2億5千万円

このように、不動産投資ファンドは5年ぐらいで建物の価値や家賃が下がらない内に投資物件を売却して初期の投資から、売却時の収益や5年間の賃貸収益の合計を引いた金額が利益で残るように考えて、投資物件を早く手放す事を繰り返しているのです。

不動産投資ファンドは、テナントビルの保有可能期間を五年と見ております。
5年以上保有していた場合、建物の保有価値・売却価格の下落、修繕費の増加、家賃の下落等リスクの発生の方が大きくなると判断しているので、5年以上は保有しないのです。

不動産ファンドを参考にすると、テナントビルの保有分岐点は建設後5年間です。5年以降経ったテナントビルは任意売却がベストな選択なのです